2023年

<公表論文>
1)生態写真に基づく相模湾北西部沿岸域の魚類相.
深谷真央
神奈川自然誌資料, (44): 57-87 [PDF]

2)東京大学総合研究博物館所蔵標本に基づく富山湾からのマエソの確かな記録.
深谷真央
Ichthy, Natural History of Fishes of Japan, 31: 31-34 [PDF]

3)神奈川県から得られた分布北限記録のイットウダイ科ホシエビス
Northernmost record of Sargocentron punctatissimum (Teleostei: Holocentridae)
from Kanagawa Prefecture, Japan
深谷真央
Niche Life, 1-2 [PDF]

4)Regime shift in the northernmost coral ecosystem: decline of the threatened coral Acropora pruinosa due to grazing by Diadema setosum.
Morita, M., Kawashima, N., Fukatani, M., & Yasuda, N.
2023, Bulletin of Marine Science., 1-2 [PDF]
[要約]
本研究では、2009年から2023年にかけての14年にわたり、駿河湾の造礁サンゴ最北限域において定点観測を行った結果、気候変動によってガンガゼ(Diadema setosum)の餌であったガラ藻場が消失するとともに、ガンガゼはかつて優占種であった絶滅危惧種であるエダミドリイシ(Acropora pruinosa)を食べるようになったことが原因で、サンゴが消滅してレジームシフトが起きたことを報告しました。これに伴い、サンゴポリプを餌とする死滅回遊魚類も生態系から姿を消しました。本研究は、温暖化で温帯域では概してサンゴが増えつつある傾向がある中、こうした絶滅危惧種のサンゴは逆にさらに減少することを明らかにし、種によっては地域絶滅を防ぐために保全する必要があることを新たに明らかにしました。

<学会発表>
1)Corals dramatically change their symbiotic partners in the front-lines of northward migration in associated with climate change Diversity, ecology and evolution
Akifumi Shimura, Masumi Kamata, Takehisa Yamakita, Takashi Nakamura, Hiroki Taninaka, Akira Iguchi, Satoshi Nagai, Taisei Kikuchi, Shota Shimizu, Hideaki Yusasa, Yuko F. Kitano, Nina Yasuda
5th APCRS, Singapore, 19 – 23 June, 2023 口頭発表

2) Genome-wide SNPs revealed hidden lineages and potential deep to shallow connectivity of Seriatopora hystrix in Ryukyu Archipelago
Kenji Takata, Yuji Narita, Nanami Noguchi, Satoshi Nagai, Taisei Kikuchi, Frederic Sinniger, Saki Harii, Nina Yasuda
5th APCRS, Singapore, 19 – 23 June, 2023, 口頭発表

3) Examination of olfactory coral recognition of the predator, crown-of-thorns starfish using Y-maze tests
Masumi Kamata, Takaya Kitamura, Tatsuki Koido, Takuma Mezaki, Yuki Hongo, Kodai Gibu, Nina Yasuda
5th APCRs, Singapore, 19 – 23 June, 2023, ポスター発表

4) Strong genetic break of common coral species Pocillopora damicornis between temperate and subtropical areas in Japan; Possible risk of migration-load in face of climate change?
Masumi Kamata, Yuko F Kitano, Akira Iguchi, Yoko Nozawa, Satoshi Nagai, Allen Chen, Naohisa Wada, Sen-Lin Tang, Hiroki Taninaka, Nina Yasuda
5th APCRs, Singapore, 19 – 23 June, 2023, ポスター発表

5)Exploring the species status and roots of Acropora pruinosa, endemic coral species of Japan and Hong Kong
Pipithkul Supisara, Hiroyuki Yokochi, Hironobu Fukami, Taisei Kikuchi, Shelby E. McIlroy
The 10th EAFES International Congress (The East Asian Federation of Ecological Societies), 17-20 July, 2023, 口頭発表

6)Genetic structure, diversity and Symbiodinium compositions of Acropora spp. at the forefront of northward migration in response to climate change
Akifumi Shimura, Masumi Kamata, Takehisa Yamakita, Takashi Nakamura, Hiroki Taninaka, Akira Iguchi, Satoshi Nagai, Taisei Kikuchi, Shota Shimizu, Hideaki Yusasa, Yuko F. Kitano, Nina Yasuda
The 10th EAFES International Congress, 17-20 July, 2023, 口頭発表

7)静岡県周辺におけるサクラマス種群2亜種の集団分化をMIG-Seqにより推定する MIG-Seq analysis of Oncorhynchus masou subspecies complex around Shizuoka Prefecture.
深谷真央安田仁奈・川嶋尚正・岩槻幸雄.
2023年度日本魚類学会年会(長崎), 1-4 September, 2023, ポスター発表

8)メタゲノム解析を用いた異なる水温域に生息するコユビミドリイシの微生物叢および機能遺伝子の比較
儀武 滉大・城間 博紹・水山 克・広松 采夏・北野宏明・酒井 一彦・安田仁奈・井口亮
日本サンゴ礁学会第26回大会、2023年11月24日、ポスター発表

9)サンゴの匂いによるオニヒトデの行動及び発現遺伝子の変化の探索
鎌田 真壽儀武 滉大・喜多村 鷹也・古井戸 樹・目﨑 拓真・本郷 悠貴・井口亮・ 新村 芳人・安田 仁奈
日本サンゴ礁学会第26回大会、2023年11月24日、口頭発表

<学会の自由集会発表>

儀武滉大

日本サンゴ礁学会第26回大会、2023年11月24日、自由集会「サンゴ礁×バイオインフォマティクス×環境データで見る新たな知の水平線」にて「メタバーコーディング×群集解析2(褐虫藻)」を発表

<その他>

9月11日 九州大学伊都キャンパス「第1回 保全生態学 夏の学校」
嗅覚に着目したオニヒトデのサンゴ認識・捕食メカニズムの研究
鎌田真壽 ポスター掲載

12月19日~20日 統計数理研究所・共同利用研究集会 ISMCRP5013「統計モデル・数理生物学と動物行動データ」
嗅覚に着目したオニヒトデのサンゴ認識メカニズムの行動実験
鎌田真壽 ポスター掲載

12月21日 アサリ勉強会R5年度
アカエイの生物攪拌が環境に及ぼす影響
高取顕 口頭発表