当研究室を希望される方へ

在籍学生からのメッセージ

 

・どんな研究をしていますか?

当研究室ではフィールドワークを中心とした研究を行っています。勉強はもちろん必要ですが,体力と気力も必要です。一日でたくさんの場所を回ったり,足場の悪い干潟で作業をしたり,荒波にもまれながら地曳網をひいたりと,ハードな調査をすることもしばしばです。このため,たいへんな時もありますが,フィールドに直接出ることで気付けること,驚くことがたくさんあり,私たちは研究をするうえでそれらを大切にしています。これまで言われてきたこととまったく違うことや新知見の発見がよくあります。また,他の学生の手伝いで自分のフィールド以外の場所に行くこともあり,さまざまな水域と親しむことができます。これは当研究室の大きな特色のひとつです。

110718浦内川河口7色補正済

・研究室はどんな雰囲気ですか?

研究室はオープンな雰囲気で,コミュニケーションは活発に行われています。時にみんなで食事に行ったり,午後には先生方とともにコーヒー・ブレイクをして親睦を深めています。研究で(もちろん研究以外でも)悩んでいることや,疑問に思っていることを気楽に相談できる環境です。このため,みんな,明るく楽しく研究生活を送っています。

生き物好きな人が多いのも特徴です。研究室内には複数の水槽が常に設置・稼働していて,調査で捕ってきた魚やカニなどが飼育されています。また個人でも,自分の机の上で動植物を飼育している人が多いです。とても“賑やか”な研究室です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・修了後の進路はどうなっていますか?

当研究室を修了された方々には,若手研究者として大学や研究所で頑張っていらっしゃる方もいれば,公務員や民間企業人となり,研究室での経験を生かして活躍していらっしゃる方も多いです。OB・OGの方々は時々研究室に遊びに来られるので,研究や進路,就職について相談することもできます。

 

・卒論のテーマが別分野でも問題ありませんか?

当研究室は主に沿岸水域を中心に研究を行っていますが,在籍する大学院学生には,学部の時に水域以外の場所をフィールドとしてきた人もけっこういます。また,学部での専門が生態学以外だった人もいます。最初は戸惑うこともあるでしょうが,大丈夫です。まったく問題はありません。研究や勉強に必要なノウハウは,先輩が教えてくれます。

 

水域保全学研究室に興味が湧いてきましたか。それならば,ぜひ一度,研究室の見学に来てください。連絡先は「問い合わせ」をご参照ください。

当研究室では,大学院への入学希望者を歓迎しています。学生一同,新しい仲間が増えることを心より楽しみにしています。